慶應義塾大学医学部 内視鏡手術トレーニングセンター

イベント / 活動報告

平成29年6月23日 講義「腹腔鏡手術(大腸)/ 一般知識 ・トラブルシュート・ピットフォールを実施しました。

講義「腔鏡手術(大腸):一般知識 ・トラブルシュート・ピットフォール」
(平成296月2317:3019:00 慶應義塾大学 総合医科学研究棟2階会議室)

本日は一般・消化器外科 鶴田雅士先生による「腹腔鏡手術(大腸)/ 一般知識 ・トラブルシュート・ピットフォール」についての講義が行われました。前半は腹腔鏡大腸手術の基本から体位・ポートの位置、エネルギーデバイス、大腸癌に対する腹腔鏡手術の適応について説明がありました。後半はトラブルシュートとピットホール(主に止血法、開腹移行への見極めなど)について実際の手術動画を用いて説明がありました。最後に、Dual-TAMISという慶應での新しい取り組みについてお話しして頂きました。

IMG_2153.JPGIMG_2151.JPG

TOPへ